ハナマログ

皆様に少しでも役立つ情報について、発信します。

一人暮らしだから得られる独身の特権とは

結論から言うと、

①計画的な豪遊

②苦痛にならない倹約

③怠惰な日常

 

①→

独身であるため、パートナーがいる家庭よりも計画次第で圧倒的に貯金がしやすい。

お小遣い制という概念がなく、自身の采配次第。上手く貯金し続けられていれば、心に余裕が芽生え、時にパワーチャージがてら美味しいお寿司を食べたりすることも容易。

特権を最大限活かすためにも節度ある計画的な資金計画が鍵。

 

②→

パートナーがいる場合、相手の考え方や価値観によって、独身時代に培ってきた金銭感覚や節約のレベルを無理にでも調整し、相手に合わせなくてはいけない場面もあるでしょう。

人によってはストレスに感じ、不満が漏れることも。しかし、独身であるならば、これまで自身が培ってきた倹約スタイルを維持することが可能なため、価値観の相違による継続的ストレスを感じるリスクがありません。

パートナーと価値観をすり合わせ、より高度な価値観や倹約スタイルが生まれる可能性も十分あるとも思います。

しかし、結構な割合でどちらか片方が妥協するパターンが身近な知人達において散見されます。妥協は好まないという方は、独身を謳歌しましょう。

 

③→

シンプルにいくら怠惰な生活をしても、指摘されませんよね。これは独身にしかできない生活でしょう。

パートナーやお子様がいる場合には、問答無用で公園やショッピングへ出陣しなければいけません。

「土曜日はゴロゴロ。日曜日も結局ゴロゴロ。」といった怠惰な生活は独身の特権と言えますね。